丸子ぽろり。(長野上田の観光さがし)

長野県上田市にある丸子地域の観光を調査、発掘していきます。地域おこし協力隊のお仕事です。(ときどき趣味の話も)

鹿教湯温泉=健康 「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」について

鹿教湯温泉で地域おこしをするにあたって、無視できないもの。

そりゃ、温泉です。

 

しかし重要なのは、そこがいったいどういった温泉であるかということ。

僕は兵庫県で生まれ育ったわけで、全国的にも有名な「有馬温泉」「城崎温泉」という強大なブランドの温泉が身近にありました。

この二つの温泉の売りは、雰囲気のある温泉街や種類豊かな温泉など。

さすがにビックネームですので、売りのポイントは山ほどで出てきます。

他にも日本各地に有名な温泉はいくらでもあり、その数だけその温泉の個性があるでしょう。

 

さて、それでは我らが鹿教湯温泉の売りは、

大きな括りでいうと「健康」

具体的に言えば、「湯治」がメインとなります。

 

以前もブログに書かせていただきましたが、鹿教湯温泉は江戸時代から湯治場として栄え、現在でも環境庁指定の数少ない国民保養温泉地に認定されています。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170207152250j:plain

 

全盛期に比べ、湯治のお客さんは減ってしまいましたが、それでもこの鹿教湯でリハビリをしたいという方は多く、日中、鹿教湯温泉にある大きな病院、鹿教湯病院の方々が、リハビリ中の方と一緒に歩いています。

鹿教湯は山の中にあるため、空気も澄み、緑に囲まれてウォーキングするには最適の立地。

しかも適度にアップダウンがあるのでリハビリとしてはちょうどいいのです。

 

また地域として、体を動かして健康を促進する「ポールを使ったウォーキング」や、クアハウスが行っている朝の健康体操なども行われているなど、

鹿教湯温泉=健康」といっても過言ではないでしょう。

 

 

ふむ。珍しく真面目な文章を書いています。

これが1月中に山ほどの申請様式や事務処理をこなして得た力。

もう会計雇った方がいいんじゃないですか? と、くたびれるほど頑張った結果です。

さあ、あとひと踏ん張り、真面目にクールにいきましょう。

 

 

「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」

f:id:marukochikiokoshi:20170207145847j:plain

(環境省 温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム)

http://www.env.go.jp/press/103528.html

 

公益社団法人日本理学療法士協会上田市(長野県)および環境省は、平成28年5月16日に締結した「温泉を活かした健康づくりに関する協定書」に基づき、国民保養温泉地等の振興・活性化ならびに国民の健康増進に資する取り組みの普及を図る、「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」を開催します。

 

以上、コピペ。

 

はい。

つまり温泉を利用してどのような健康づくり(活動・イベントなど)ができるか、という講演会なんですよ。

それをなんと我らが鹿教湯を例に挙げて、取り上げてくれるというんです。

いよいよ、鹿教湯=健康が根付いてきましたね。

日にちは、3月14日、15日と2日間。

上田のザ・グランドティアラ上田高砂殿と鹿教湯病院で行われます。

詳しい日時と場所は、環境庁のHPにも載っていますが、一応下にも貼っておきます。

 

日時・場所
1日目 温泉を活かした健康づくりフォーラム
平成29年3月14日(火)16:00~
場所 ザ・グランドティアラ上田高砂殿 2階 瑞松
(長野県上田市天神2-2-2)

2日目 鹿教湯温泉における取組の紹介
平成29年3月15日(水)10:00~
場所 鹿教湯病院 講堂
(長野県上田市鹿教湯温泉1308)

 

鹿教湯を語るうえで外せない「健康」。

地域おこしをする上では実に参考になる話です。

 

それ以外にも、このテーマはいろんなところで活用できるものだと思います。

どうでしょう皆様!

 

この機会に一度、健康という観点から温泉について考えてみませんか?

そうすればお風呂に入る時でも、より体を癒す、心をリラックスさせる方法が分かるかもしれません。

 

公演を聞いたあとは、鹿教湯温泉でさっそく試すこともできるんですから!!

 

 

 

ふぅー。なるべく毎日更新。こっちもよければ。

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

 

バレンタイン前夜祭。チョコがないならワインを飲めばいいじゃない。

2月14日といえば何の日ですか?

 

そうですね。

 

ふんどしの日です!!

2月14日 - Wikipedia

 

 

・・・・・・。

 

なんか、チョコをもらえない嫉妬に狂った男たちの悲しい鎮魂歌が聞こえます。

世界的な記念日に、日本限定の、しかも男性だけの、しかもその男性たちにすら普及しなさそうなこの記念日。

真面目に祝っている人がいたら、心からの拍手を送りたい。

 

 

さて、くだらないことはやめにして、せっかくのバレンタインです。

学校、職場、家族に彼氏、友人、先輩。

ただでさえ、お菓子界の頂点とも言えるチョコレートが恐ろしい勢いで売れるこの日。

モテない男の心をバッキボキにするこの日。

チョコレートの存在を恨むこの日。

 

日本中の男子はそわそわと徘徊し、女性はまるで戦後の米兵のごとく施しを下さるのです。

 

ギブミーチョコレート!!

ギブミーチョコレート!!

ギブミーチョコレート!!

 

むしろ、戦時中かもしれない。

 

 

しかし最近では、送るものはチョコレートじゃなくてもいいみたいですね。

まあ、そもそもこの日に何かプレゼントを送るだけで、ほぼ告白しているようなもんですから、送るものは何でもいいのかもしれないです。

それこそ、意外にふんどしなんて渋くて粋なチョイスかもしれません。

僕はいらんけど。

 

 

さあ、プレゼントはチョコレートじゃなくてもよい。

でしたら、ちょっと大人なバレンタインも良いんじゃない?

2月の寒空に、初々しく2人顔を赤らめてね。

 

 

千曲川ワインバレーに恋するワイン会 in 千曲

f:id:marukochikiokoshi:20170206160912j:plain

 

まあ、2月13日(月)。前夜祭になりますけどね。

 

上田周辺のワイナリーから自慢のワインが集まるイベントです。

非常に水準の高い長野ワインを、選り取り見取りで楽しめます。

恋人と楽しむもよし、次の日に向けて最後の恋人探しをするもよし。

 

とにかく特別な夜になるでしょう。

 

単純なワイン好きも、恋人に飢えた人も、いい酒を飲んでいい風呂入っていい夢見て、次の日に備えればいいんです。

 

 

僕も当日はスタッフとして参加します。

スタッフという立場上、お酒は飲めませんし、女性とおしゃべりするわけにはいきませんが、その分、精一杯皆さんのバレンタインのお手伝いをさせていただきます。

 

仕事だ仕事だと言っておけば、バレンタインに彼女と過ごさない理由になりますから。

(涙)

 

下は申込書になります。

シャトルバスもありますので、気軽にご参加ください!!

f:id:marukochikiokoshi:20170206162633j:plain

氷灯ろう夢祈願。今年の願いは済ませましたか?

f:id:marukochikiokoshi:20170126112315p:plain

湯婆婆命名チャレンジ

 

はい! 今日からこのブログは『ゴージャス☆丸子ぽろり。』です!!

 

湯婆婆め。

いくら貧相な名前だからって、ゴージャス乗っけるだけって雑すぎませんか?

そっちの想像力の方がよっぽど貧相じゃい!!

 

 

1月もあと残りわずか。

僕にとってもいろいろと慌ただしい季節が終わろうとしています。

仕事に趣味に家事に、どれもこれも中々休ませてくれません。

(趣味は休みじゃないの? という方。趣味は趣味でも体がへとへとになる趣味なのです)

 

寒さも尋常ではありません。

夜家に帰っても、部屋の中がマイナスなんてことは当然ですし、家のドアを開けようと思っても凍りついていて、刑事ドラマのごとく蹴破って出ることすらあります。

 

例えば、そんな寒さを凌ごうとファンヒーターを焚くとします。

しかし、ずっとつけているので3日と持たず、灯油切れ。

じゃあ灯油を入れようかと窓のサッシを開けようとしたら、サッシが凍って外に出れないという。

お風呂のお湯を使って地道に氷を剥がし、やっと外に出て給油。

やっと、温まれるわ―と、意気揚揚とファンヒーターをつけようとしたのですが、

結構な重労働を行ったため、体はすでに温まってたり。

 

寒冷地では、こんなバイオハザードの謎解きのような回りくどい作業が、日常のように繰り広げられています。

 

 

そんな寒さの中、取り急ぎのお知らせが。

 

 

氷灯ろう夢祈願 終了まであと5日!!

f:id:marukochikiokoshi:20170126114430j:plain

 

年末の僕の仕事の大部分だった氷灯ろうですが、あと一週間もなく終わりが迫っています。

幻想的な地域のお祭りで、この一カ月ずーっと見てきた風景ですから、終わるとなると少し切ないものがありますねー。

 

まあ、2月に入って寒さもさらに倍増する(マジかよ)らしいので、

このタイミングくらいで終わるのが観光客的にも用意する側としても良いのかもしれないです。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170121204303j:plain

 

鹿教湯を象徴するこのお祭り。

せっかくですので、最後に一度見に来ませんか?

 

見逃したら、あと1年ほど見れませんよ!

温かい風呂につかりながら、ぼんやり灯篭の火を眺めるの、中々乙なもんです。

 

 

では。

 

 

 

コンスタントに上田~鹿教湯の写真を載せてます。

こちらもよろしくです。

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

 

 

 

地域おこし、仕事中なう。

 

今更感ではありますが、

 

地域おこし用にツイッタ―アカウントつくりました!!

 

twitter.com

 

いやー、なかなか僕も文化人っぽくなってきました。

文明を覚えたサルの気持ちですねー。

 

しかし、正直ツイッターには苦手意識があります。

こう、なんか「ぽろっ」といらんことを言ってしまいそうで。

 

まあ「丸子ぽろり」だからいいか。(ポロリはないよ)

 

 

しかし、新年明けてから、焦燥的なワルノリ感覚で、新しいツールを試しまくっています。

傍から見ると迷走しています。

そして、自分の仕事をどんどん増やすドMっぷり。

 

 

まあ、Mだからいいんだけど。

 

 

 

こういった、個人レベルの活動もかなりの範囲に広げてきました。

問題は宣伝する方法があっても、宣伝する「モノ」がないってこと。

 

新しい商品、イベント、観光地を企画するというのは、実に面白いやりがいのある仕事なのですが、これを個人レベルで進めるのは無理な話です。

 

 

そろそろ、僕の上司にプレゼンなどする時期なのかもしれないですね。

 

 

 

1日1風景。をできるだけ目指す、ブログです。

こっちもよろしくお願いします。(笑)

marukochikiokoshi.hatenablog.com

NAVERまとめでまとめてみた。

f:id:marukochikiokoshi:20170113150058j:plain

 

観光支援の仕事を考えるにあたり、

 

「いったい自分なら、どのようなコンテンツから情報を得て旅行するだろうか?」

 

という単純な発想に至りました。

むしろ今まで、なぜ行動しなかった。

 

 

と、実は前から考えてはいたんですけどね。

るるぶを読む」「旅行代理店のチラシを調べる」「Webで旅行感想を見る」など、

僕は結構ノーマルな情報収集力です。

そのため、情報を発信する側として、

これらのコンテンツを自分が提供できるという発想にたどり着かなかったのですね。

 

 

しかしブログを作り、Facebookもそれなりに、チラシを自作したりするようになった今、「あ、僕でもコンテンツ作れるじゃん」と気付いたわけです。

 

 

なので、とりあえず比較的作りやすい『まとめサイト』を利用することにしました。

 

NAVERまとめ 鹿教湯温泉

matome.naver.jp

 

 

やってみると、意外に簡単で面白いものでした。

ブログよりも事務的な文章を書けばいいので、考える必要もほとんどありませんしね。

 

こちらの方が、情報の提供や検索対策としては有効なツールかもしれません。

なによりこまめに更新しなくてもいいという、利点があります。

 

 

よろしければ、一旦覗いてみてください。

書いてあることはいつもの情報と変わりはありませんが、そのぶん分かりやすいと思いますので。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

一年さってまた一年。ぶっちゃけありえる。普通です。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170111091216j:plain

(雪の信州国際音楽村 めちゃ寒い)

 

さーて、仕事始めです。

 

といっても、元旦ですでに働いているんですけどね。


5日ほど関西に帰省してまして。

同窓会やら、正月祝いやら、忙しいスケジュールをこなして、瞬く間に鹿教湯に帰ってきました。

 

 

ちょっと長いこと留守にしてたので、水道管などが心配になりましたが、
きちんと断水しておいたので問題はありません。

こういう地味な気遣いが一人暮らしでは忘れがちですからねー。

 

 

さて、記念すべき今年最初のお仕事。

これからビシバシ丸子の魅力をPRするぞ! と、意気は十分。

帰省の疲れも振り切って、熱意と誠意をもって、

地域おこしの仕事に、今年も励む所存!

そんな僕です。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170110153945j:plain

 

皆さん。

 

お分かりいただけただろうか。

 

写真に写る紙袋の変態。

 

 

夜な夜な町を徘徊し、居酒屋に現れては外国産ビールをせびり、

新鮮な獣の肉をいい感じに焼いてもらって貪り食う。

次の日には必ず体調を崩し、胃腸薬は苦さでさらに気分が悪くなるので

ペパリーゼとウコンだけが友達といわれる、いにしえの怪物。

 

 

それが僕の正体だったのです。

 

 

 

はい。

人間、新年が明けても、やること書くこと変わらんのです。

 

 

今回は、丸子の隣町である武石地区にイベントのお手伝いに行ってきました。

武石地区には僕と同じ地域おこし協力隊員が2名おり、

福島県の子供たちを招いて、スキーの実習を企画していたのです。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170111094400j:plain

(武石にある、番所ヶ原スキー場)

 

そしてレクリエーションとして夜に肝試しを行ったんですよね。

 

 

去年は鎧武者にサンタ。

今年はお化け。

 

ちゃくちゃくとモンスター化が始まっていますね。



しかし、子供と遊ぶのには慣れているのですが、怖がらせるとなると頭を絞ります。

 

ゾンビ?

メイクができない。

 

ドラキュラ?

ビジュアル的に一般人と変わらない。

 

フランケンシュタイン

身長がたりません。

 

 

用意も何もしてなかったので、とりあえず100均で用意できるものを考えました。

そして行き着いたさきが何の変哲もない『紙袋』!

f:id:marukochikiokoshi:20170111091450j:plain

 

最初はしわをつけずにかぶってみましたが、あまりにあほらしい外見だったので、

しわしわにして血のりをつけてみたらやっと雰囲気が出てくれました。

まあ、不審者以外の何物でもありませんけどね。

 

 

子供の反応は、まあほどほどといったところでしょうか。

 

いくら相手がお化けの中身を確かめにくるような、小賢しい生意気な悪魔でも、

暗がりから急に人が出てくれば誰だって驚きますからね。

 

 

ただ、子供より偶然通りかかった子供の親の方が叫び声をあげてしまうという

お粗末は、ちょっと反省しなくてはいけません。

 

 

まあ、年が明けても相変わらずな僕ですが、今年はいろいろと勝手知ったる身。

いつまでも新人、研修生という訳にはいきません。

 

 今回参加した企画のように、

知恵を絞ってイベントやら商品やらを企画する側に回るわけです。

とりあえず、以前から考えていた企画をいくつか肉付けして、

企画書でも作るところから始めましょうか。

 

 

さて、また騒がしい一年の始まりでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます! 今年も上田市鹿教湯をよろしくお願いいたします。

f:id:marukochikiokoshi:20170101235050j:image

(年賀状代わりです。上手く描けてますでしょうか)

 

 

 

昨日はハメを外して飲みすぎました。

 

昼くらいまでしっかり寝て、遅めの朝食食って、適当にテレビつけて。

 

えっ!

今日お正月だったの!!

 

 

なんとも馬鹿げたことですが、「年を越した」実感はあっても、「正月を迎えた」気分にはならないという。

 

軽いタイムトラベルを味わった感覚です。

 

しかし、正月というのに怠惰な大学生のような寝起き。

これはあまりにお粗末ですね。

 

 

 

ということで!

 

f:id:marukochikiokoshi:20170101232238j:image

f:id:marukochikiokoshi:20170101232300j:image

 

初詣に行ってきました!

(下の写真はちょっと前のですけどね)

 

 

我が鹿教湯には、きちんと除夜の鐘を鳴らせる『文殊堂』というお寺がございます。

僕は初詣は神社でするものと決めているので、正確には正月参りといったところでしょうか。

 

 

昨晩を鹿教湯で過ごした家族連れやアベックが歩くなか、おぼつかない足で階段を登る。

f:id:marukochikiokoshi:20170101232719j:image

f:id:marukochikiokoshi:20170101232808j:image

新年から良い天気というのはいいですね!   気分が晴れます。

 

 

さて、賽銭入れて昨晩祓ったはずの煩悩が早速復帰。

ナムナム。

賽銭入れた分、お願いしますぜ〜仏様〜。

 

さあ、詣でが過んだら早速効果計測です。

俺のターン!   ドロー!

 

f:id:marukochikiokoshi:20170101234315j:image

 

うーむ末吉。

 

書いてあることも、「おやめなさい」「およしなさい」の羅列。

 

フッ、フン!

いいもんね!

実家戻ったら、また神社に初詣行くもんね!

 

と、投げやりにならず、仏様の金言はしっかりと心に刻み用心しましょう。

(でもムカついたので、木に結んで帰った)

 

 

さあ、新年です!

何をやるにも初めての去年。

今年は一体どんな新しいものに出会うのか?   どんなものを作れるか?

 

 

どうか今年も、上田市鹿教湯を、そして地域おこし協力隊ハセガワをよろしくお願いいたします!!

 

 

f:id:marukochikiokoshi:20170101234921j:image

ラッキーなことに、職場の局長からおせちを頂くことに。

やったね。