読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸子ぽろり。(長野上田の観光さがし)

長野県上田市にある丸子地域の観光を調査、発掘していきます。地域おこし協力隊のお仕事です。(ときどき趣味の話も)

映画『真田十勇士』と上田

『君の名は』ブームが止まりませんね。

もはやブログもこの単語を入れればHIT数が伸びるようになってますもの。

 

まあ商品やサービスに、何でもかんでも「真田丸」「幸村」「十勇士」ってつけてる上田市も人のこと言えません。

 

僕もできることなら映画の批評でものんびり書きたいもんです。

批評って苦手なんですけどね。

 

映画 真田十勇士

f:id:marukochikiokoshi:20160920114002j:plain

監督:堤幸彦

キャスト:中村勘九郎松坂桃李大島優子

 

とか言っときながら批評かよ!

っと思った方、大丈夫です。今回は映画の内容に触れません。

 

さて。チラシを見ればお気づきかもしれませんが、

このブログを書いている時、この「真田十勇士」はまだ公開しておりません。

ならばなぜ、僕がすでにこの映画の内容を知っているか?

はい、簡単ですね。

実は先日、TOHOシネマズ上田にてこの映画の舞台挨拶がありました!

 試写会にいらっしゃいましたのは、監督の堤幸彦さんと、ヒロインの大島優子さん。

 

f:id:marukochikiokoshi:20160920132020j:plain

 

上田市は真田の里。

つまり十勇士も上田の宣伝材料なのです。(ちょっとこじつけじゃね?)

僕は昔、兵庫のTOHOシネマズでバイトをしていたことがありましたが、

こうやって、市が直接映画館に関わることはありませんでしたので、

ちょっと驚きです。

 

また、映画に詳しい方ならばお気づきかもしれませんが、

この「真田十勇士」。配給は「松竹」と「日活」でございます。

TOHOシネマズの系列はもちろん「東宝」。

さて、お分かりいただけましたでしょうか?

なんと今回、系列が違うにもかかわらず、真田ゆかりの地ということで上田唯一の映画館であるTOHOシネマズ上田が利用されたのです!

 

これは結構珍しいことなんですよ!

基本的に映画の配給会社と映画館は協力関係にありますから。

そこを曲げてでも、上田市へ舞台挨拶に来ていただいたということには、

さすがに頭を下げないといかん気持ちになります。

 

 

いろんな地域おこしの方法があり、これもその一部ということです。

上田にとって「真田」と「十勇士」はそれぞれ切り離せないキーワードであり、

上田城では「おもてなし武将隊」として「十勇士」が活動しております。

 

f:id:marukochikiokoshi:20160920132505j:plain

(上田城を中心に活動するおもてなし武将隊)

 

他にも上田市には、「真田」と「十勇士」のオブジェやら土産がたくさんございます。

あるものを有効に使い、地域を盛り上げていく姿勢は見習いたいと思いますね。

 

f:id:marukochikiokoshi:20160920132036j:plain

 

映画の内容?

それは自分の目で確かめてください。

面白い、面白くないに関係なく、映画も地域もそれぞれなわけですから。