読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸子ぽろり。(長野上田の観光さがし)

長野県上田市にある丸子地域の観光を調査、発掘していきます。地域おこし協力隊のお仕事です。(ときどき趣味の話も)

鹿教湯にあるものパート1。

丸子、鹿教湯は「国民保養温泉地」に認定されている、リハビリのメッカと言われています。

そのため観光名所も、やはり健康的な、目に良いものになっています。

 

文殊

鹿教湯温泉を見守るように、ひっそりと、しかし中々立派なお寺が構えてあります。

f:id:marukochikiokoshi:20160727094343j:plain

このお堂、『文殊堂』といいまして長野の県宝に指定されている由緒正しきものです。江戸の中期頃に建てられ、彫刻や天井絵などに当時の流行が見えます。

 

境内に入るまでの階段は非常に厳粛なもの。

二本の高い木が、門のようにそびえております。

f:id:marukochikiokoshi:20160727095414j:plain

光の加減か、プロジェクトXのOPみたいですね。(写真の人物は兄です)

 

併せて、文殊堂には『温泉薬師堂』という、静かなお堂があります。

f:id:marukochikiokoshi:20160727095903j:plain

屋根が、シシガミ様が通った後みたいになってますね。

中には2体の金剛力士像が並び、如来像が鎮座しています。

自然に溶け込んだ感じが、やさしい雰囲気を思わせます。


五台橋

温泉街から文殊堂に向かうためには、川を挟むため、橋を渡らなくてはなりません。

それらは合計で3本あり、中でも目を引くのが五台橋という屋根がついた橋です。

f:id:marukochikiokoshi:20160727101523j:plain

もうちょっと全体が写った写真があればよかったのですが……。

屋根がついた橋というのは日本では珍しいらしいです。

木製の橋の先には文殊堂境内への階段があり、山への入り口と言えます。

この五台橋がメインとなり、秋には紅葉、冬には氷灯篭という幻想的な姿を見ることができます。

f:id:marukochikiokoshi:20160727102454j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160727102336j:plain

(写真は鹿教湯、公式HPより)

このお祭りには、毎年多くのお客さんがいらっしゃるそうです。

氷の中で燃えるろうそくが良い雰囲気を作ります。

僕は今年の7月づけの勤務なんで、今から楽しみです。

 

季節によって色を変える場所。

興味を持っていただけましたら、ぜひ来てくださいね。

僕も居酒屋にたむろしていると思います。