読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸子ぽろり。(長野上田の観光さがし)

長野県上田市にある丸子地域の観光を調査、発掘していきます。地域おこし協力隊のお仕事です。(ときどき趣味の話も)

3才が散々山菜買って散財

春だし、せっかくだからあさつゆ(直売所)でも見て回るか~。

野菜の値段も変わってるだろ~。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170524203438j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170524203439j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170524203441j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170524203443j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170524203432j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170524203445j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170524203446j:plain

 

並んでいる野菜のクセが凄い!!

 

・・・・・・。

千鳥さんありがとう。おかげで茶番のノルマ達成できました。

 

さて実際眺めてみると、やはりこの時期は山菜をはじめとした野菜が豊富です。

山菜そば、おひたし、天ぷらなど。

まさに山の「旬の味」を感じられるので僕は山菜料理が大好きです!

 

さっそくわらびを調理してみましょう!!

 

まずわらびを・・・・・・。

洗って!!

そして洗ったわらびを・・・・・・。

切って!!

切ったわらびを・・・・・・。

・・・。

 切ったわらびを・・・・・・。

 

・・・・・・・・・。

・・・・・・。

・・・。

 

グーグル先生ぇ~~~!!

 

f:id:marukochikiokoshi:20170524210153p:plain

 

さて無事に料理方法が分かりました。

茹でて渋を抜くんですね~~。

初めてだから分からんわ、こりゃ。

 

と、こんな風に調べながら調理したわけですが、

実際山菜って、「料理」は知ってても「調理」は分からないって方は多いと思います。

 

先ほどの写真のように商品が並んでいても、「珍しい」とは思っても、それを今晩のおかずにしようと考える人ってどれくらいいるんでしょうか?

食べるという行為の前に、調理法が分からないというハードルがあるのではないでしょうか?

 

こういう方のため、もし可能であるならば、

 

食品の近くに「下処理」「保存方法」「調理法」を記載したガイドブック的なもの、または簡単なメモみたいなものがあればなぁと思ったりします。

 

そうするだけで料理のイメージってすごく膨らむと思うんですよね。

と、こんな話をでかでかとしていたら、お前が作れなんて言われそうなのでやめておきましょう。

 

しかし、春になり多くの魅力的な食材が並ぶこの季節。

料理という部分だけでも、いろいろと挑戦してみたくなるものです。

 

 

 

ツイッターと一言ブログやってます。

興味があれば下からどうぞ!

twitter.com

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

「山がなぜ美しいかわかるか?」

「たかいから!」

「おおきいから!」

「動かぬからだ」

 

by覚悟のススメ

 

 

 

さて。

ついにイベント戦争から抜け出しました。

 

これでやっと僕も普通の休日というのを過ごせるわけです。

 

暖かい気候。

明るい日差し。

天日干しした布団。

 

うむ。

当方に昼寝の用意あり。

 

 

つまりはブログに書くネタもなくなってしまったということです。

いや、ブログのためにイベントやってるわけじゃないんですけど、イベントの告知とかポスター製作とかイベントの体験談とか、

はっきり言うとイベントってブログ書くの楽なんですよね!!

まあ、そんな理由で毎週イベントにこられたんじゃ過労死するし、というかそんなにイベントあるなら、僕が地域おこしするまでもなく盛り上がってるよね! って話になるわけですから。

 

たまにはこういう息抜きブログも必要でさー。

え? 息抜きは普段頑張ってる人がするものだって?

YES。

そこはノーコメント

 

 

ところで、ここ最近ブログ内でも使いまわすように言っていることなんですが、

鹿教湯にも春。新緑の季節がやってきました。

 

ただ、新緑なんてどんな場所でも均等に訪れる。

そんなに珍しいものではないだろう、四季なんだから。

と、お考えになる方には、僕がオウムのように繰り返し「ハルガキタヨ!!」と言っているのが馬鹿のように感じるかもしれません。

 

確かに僕も、依然関西に住んでいたときに新緑を楽しむと言われてもピンとこなかったでしょう。

 

しかし僕が住んでいるのは鹿教湯温泉

山と山に挟まれた、谷間の温泉街なのです。

 

その山の景色は一日たつごとに変化し、時には急激な衣替えをするのです。

 

2月

f:id:marukochikiokoshi:20170512091223j:plain

 

3月f:id:marukochikiokoshi:20170512091226j:plain

 

4月f:id:marukochikiokoshi:20170512091229j:plain

 

5月f:id:marukochikiokoshi:20170512091232j:plain

 

はい!?

4月から5月の間に何があったの!?

半年振りに会った姪っ子くらい変わってるぞ!!

 

ちなみに4月から5月の写真は、10日ほどしか離れていません。

こういった山の色の移り変わり。

自然の変化がとにかく早い上に分かりやすくて楽しいんですよね。

自分の部屋の衣替えをしなくても、窓の外の景色が勝手に変わってくれるので

毎度新鮮な気分で外に出られます。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170512092347j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512092351j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512092357j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512093221j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512092401j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512093251j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512092404j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170512102857j:plain

平日仕事帰りの歩道で、当然のようにそびえるでっかい山。

こちらに威圧感さえ放つ巨大感は、心を昂ぶらせます。

 

 

都会にいると中々気づけない、四季の移ろい。

山に住むということは、自然と共に生きるということで、

その自然の変化は、日に日に変わる子供の成長を見るような楽しみがあります。

 

これに関してはとうてい写真じゃ伝わりません。

もし、可能であるなら日帰りや2,3泊ではなく長期で山の中に滞在してみてください。

山の素晴らしさ、厳しさ、美しさ、楽しさ。

それらの変化が、あなたの心を新しいものにしてくれると思います。

 

観光名所を回ることやイベントとは違った、「外からの楽しみではない、中の楽しみ」を感じることができるでしょう。

よければ、

ぜひ!!

鹿教湯温泉へいらっしゃってください!!

 

 

 

 

でも、レゴランドは一度行ってみたいなぁ。

f:id:marukochikiokoshi:20170512102116j:plain

 

ツイッターと一言ブログやってます。

興味があれば下からどうぞ!

twitter.com

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

 

鹿教流しバックブドロップ!! G・B・A!! G・B・A!!

どうもご無沙汰でございます!

かけゆの春フェス

無事に終わりましたとも!

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

f:id:marukochikiokoshi:20170508134413p:plain

おげー。

次の日めっちゃ体痛い……。

動画に映っている『鹿教U-MA』って覆面素人やつがめちゃめちゃにボコボコにされていますが、僕とは関係ないのになー。

次の日、鞭打ちと筋肉痛で実家に帰る道中のた打ち回ることになったけど、いや、いったい何が原因なんだろうなー。

不思議だなー。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170508114328j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170508114711j:plain

 

うーむやっぱり腹筋は鍛えておくべきだったか……。

あ、いえ! 個人的に!!

信州プロレスのレスラーの方々を見て思っただけですよ!!

別に動画で見て「あっ『鹿教U-MA』だけボディのひどさが目立つな」とか思ったわけでは断じてありませんから!!

 

・・・・・・。

 

閑話休題!!

かけゆの春フェスは大きな賑わいを見せました。

f:id:marukochikiokoshi:20170508120030j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170508120033j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170508120040j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170508120127j:plain

 

音楽やパフォーマンスを見ながら、フリーマーケットをぶらぶらします。

個人的には格安で売られている、地域の野菜屋さんに興味をそそられます。

明日から実家に帰るので日持ちしない野菜は買えないんだけどね。

 

鹿教湯はどんどん暖かくなり、山の色合いもあざやかな緑に包まれてきました。

僕の住んでいる場所は少し気温が低いのか、いまだ満開レベルの桜が咲いております。

f:id:marukochikiokoshi:20170508120724j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170508120726j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170508133711j:plain

 

あー、生きてるって感じになります。

山がちょっとずつ色めいていくのがなんとも気持ちがいい。

 

暖かい陽気・・・・・・。

さて、今日も元気に一眠りしますか!!

えっ。GWはもう終わってるんですか?

・・・・・・。

仕事か・・・・・・。

 

 

ツイッターと一言ブログやってます。

興味があれば下からどうぞ!

twitter.com

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

 

 

 

春最後の祭典!! 4月30日(日) かけゆの春フェス!!

f:id:marukochikiokoshi:20170425085715j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170425085708g:plain

 

文殊堂春祭りは大盛況のまま終了。

どうやら例年を上回る参加者の数だったようで、後半の富くじでは用意したくじが足らなくなるほど大賑わいを見せました。

一応とはいえポスターを作らせていただいた身としては、なんとか広告の効果があったと思えて、自己満足ではありますが嬉しいものです。

 

懇親会では酒を浴びるほど飲み二次会へ繰り出す元気もほどほどに、

今週末、鹿教湯にまたお祭りがやってきます。

 

4月30日(日) かけゆの春フェス

 f:id:marukochikiokoshi:20170425085215j:plain
www.facebook.com

 

鹿教湯の交流センター近辺で開催する、大規模なフリーマーケット

そして豪華な催し物の数々。

世間的にはゴールデンウィークに突入しているこの時期に、こういう参加型の催しは立ち寄りの方にも長期滞在の方にも嬉しいイベントです。

 

今回は僕もとある役柄で参加します。

まあそんなにたいした役柄ではありませんが、純粋にイベントを楽しめるよいポジションとだけ言っておきましょう。

 

ゴールデンウィークの先駆けとして、最後の春の季節を楽しんでいかれてはどうでしょうか!!

 

ツイッターと一言ブログやってます。

興味があれば下から。

twitter.com

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

 

鹿教湯イベント開幕戦 文殊堂 春祭り

やっと上田でも桜がしっかりと咲き始め、見栄え的にも春らしくなってきた中、鹿教湯の桜はまだ少し花が開くのに時間がかかりそうです。

 

気温も夜こそ少し肌寒いですが、日中晴れていれば、ふらふらっと散歩に出かけたくなる柔らかい気温。

そんな春にうつつを抜かす僕ですが、今週の日曜日。

鹿教湯文殊堂にて行われる、春祭りのポスター作成をさせていただきました。

 

文殊堂 春祭り 4月23日(日)

f:id:marukochikiokoshi:20170414111117p:plain

 

今年度の始まりを告げるにはふさわしい、音楽とお寺の伝統行事。

春の暖かい気候で楽しめる最初の大きなイベントでもあります。

 

特に毎回多くの人が集まる『知恵の団子まき』やハズレくじのない『富くじ』など、無料で参加できるプログラムも充実しており、時間も短めなので、鹿教湯の散策と一緒に参加できてしまうのがうれしいところ。

 

鹿教湯に一泊して、ちょうど1日過ごすにはよいかもしれません。

 

 

鹿教湯の春。

ゆるりと満喫しませんか?

 

 

 

ツイッター

写真一言ブログ

twitter.com

marukochikiokoshi.hatenablog.com

地域おこし協力隊 in 丸子&鹿教湯

 

f:id:marukochikiokoshi:20170411110040j:plain

いい空です。ボールを蹴ったらどこまでも跳んでいきそうですね。

 

といっても実は前日まで雨が降ったり、まさにこの文章を書いている今、ざんざか大粒の雪が降ってきたりと、とても春とは思えないほど山の天気は移ろいやすい。

気象だけに気性が荒いのでしょう。

うん、はずかしい。

 

さて。そんな不安な天気の中、近隣の地域おこし協力隊を丸子に招いて、ミーティングがてら散策をすることになっていたのですが、偶然にも昨日は晴天に恵まれ無事に地域内の案内をすることができました。

 

ご案内させていただいたのは「信州国際音楽村」と「鹿教湯温泉」。

本当は下の写真の「岩屋観音堂」も立ち寄りたかったのですが、時間の都合上カット。

しかし集合時間前に下見に行くと、桜が咲いて結構いい雰囲気になっていました。

 

f:id:marukochikiokoshi:20170411110043j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170411110051j:plain

 

ちなみにお堂の裏の岸壁は洞窟になっていて、中に観音様が飾られています。

f:id:marukochikiokoshi:20170411110054j:plain

真っ暗な洞窟なので、「ドラえもんのび太の竜の騎士」を思い出しますねぇ。

共感してくれる人がいるかは知らんけど。

 

 

お昼ごろに集合し、信州国際音楽村へ移動します。

信州国際音楽村は現在「すいせん祭り」が行われており、ちょうど見ごろの時期になっていました。

f:id:marukochikiokoshi:20170411110047j:plain

せっかくなので、ここで現在鹿教湯が勧めている「ポールを使ったウォーキング」をやることにしました。

特別に鹿教湯の斎藤ホテルの社員さん(この人がポールウォーキングを勧めているのです)を講師にお呼びして、ちょこっと歩き方をレクチャー。

あとは他の観光客と音楽村の施設に迷惑がかからないようほどほどにウォーキング。

f:id:marukochikiokoshi:20170411110058j:plain

すいせん以外の花や緑は、もう少し先のようです。

 

それでは鹿教湯に移動しましょう。

途中、先導している僕の車のとちり運転があったりというぐだぐだ進行でしたが、

無事に鹿教湯に到着することができました。

 

 

鹿教湯内では自由に散策していただくことにしました。

のんびり過ごしていただきたいというのも理由ですが、散策のあとに鹿教湯についてミーティングの席を用意していたので、それぞれ自由に動いたほうがいろんな意見を集められると思ったからです。

けして案内が面倒だからという理由ではありません。

 

しかしこうやって観光客の立場で鹿教湯を散策するのは、僕も結構新鮮でした。

なんだかんだ9ヶ月も鹿教湯にいて、地元意識が芽生えてきたのかもしれませんね。

 

f:id:marukochikiokoshi:20160727094343j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160804140001j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160804170032j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160804171405j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160804171541j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160804171619j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20160804171637j:plain

f:id:marukochikiokoshi:20170411132612j:plain

温泉に行くか、観光名所に行くか、食事に行くか、お土産屋さんに行くか。

 

短い時間の滞在だからこそ、中心に観光施設が密集した鹿教湯は散策しやすいという利点があるのかもしれません。

 

その後は鹿教湯の交流センターに戻ってミーティング開始!

こんなぐだぐだ進行なのにも関わらず、廃ホテルの利用の仕方、パンフレットへの意見、鹿教湯の利点、立ち寄り湯利用増加のアイデア、新しいイベント案など、

多くの魅力的な提案をいただきました。

海老で鯛を釣り上げるどころか、釣竿もなしに岸を歩いていたら魚が勝手に降ってきたレベルの収穫。

本当に頭があがりませんです……。

 

最後に数人で今日の打ち上げに行きました。

もちろん、場所は「わんだ~れ」

f:id:marukochikiokoshi:20161122223756j:plain

 

事前にお願いして、地域の若者が集まる鹿青会の方々にも来ていただき、意見交換や鹿教湯のエピソードをお話いただき親睦を深めさせてただきました。

 

 

結果的に今回はプログラムどおりに事が進み、無事にイベントを終えることができました。

しかし、やはり僕自身の知識不足や説明力に課題が残ったなぁと、振り返って思います。

それでも、こういう場は本当に貴重ですし、なにより楽しい。

今度があれば、もっとしっかりと筋書きを作って、ぐだぐだからはちょっと進化した、

そこそこ進行を目指したいと思います。

 

またこれを読んで丸子、鹿教湯に興味を持っていただければ幸いです。

 

 

では!

 

 

ツイッター

ワンデー写真一言ブログ

twitter.com

marukochikiokoshi.hatenablog.com

 

春はあけぼの。薬師堂花祭り。

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

by枕草子

 

意味はググッて。

 

 

ついに4月ですよ。

長野の春ですよ。

うん、ちょっと寒い。

 

まだ桜が咲くには少し早いのかなぁ。

それでも4月になるだけで、はつらつとした新しさと、どうしようもない眠気を感じるのは僕だけではないはず。

 

眠るということが幸せに感じられる季節。

実に良い季節です。

 

さあ、新年度! このブログももっと鹿教湯の魅力を伝えるべく、気分一新がんばりましょう!

 

薬師堂花祭り4月8日(土)

f:id:marukochikiokoshi:20170405144608j:plain

鹿教湯薬師堂花祭り/上田市役所

※残念ながら現在薬師堂は屋根が破損して、写真のようではありません。

 

 

天上天下唯我独尊!

 

おっと、暴走族ではありません。

知っている方は知っているでしょう。

この言葉はお釈迦様が誕生したときに言い放った言葉だそうです。

言葉の意味はこれまたググッていただければありがたい。

 

さて、なぜ急にお釈迦様の話を切り出したかというと、

今週の土曜日。

つまり4月8日はお釈迦様のお誕生日なのです。

そして各地でこの時期に行われている、「花祭り」というお祭りがありますよね。

何を隠そうこの「花祭り

お釈迦様のお誕生日を祝うお祭りなのです!

まあ、ちゃんと勉強していたらこれくらい知ってますよね(笑)

 

ただ、12月25日のキリストの誕生日であるクリスマスに比べ、知名度は圧倒的に低い。

どんな海外のイベントでも馬鹿騒ぎしてしまう日本人にしては珍しい!!

ただ、このお祭りが認知され、今のハロウィンやバレンタインみたいなことになったら、

仏のコスプレをした若いアベックが甘茶を掛け合い、「俺らマジ天上天下、マジ最強」とか言い合う祭りになっちゃうのだろうか、と考えるとまあ今のままでいいかとも思う。

 

お釈迦様でもご存知あるめぇ!

 

そして、この鹿教湯にも薬師堂という立派なお堂があり、4月8日に花祭りが行われます。

これは観光客向けのお祭りやイベントというより、地域の伝統的な祭事といったものです。

僕も又聞きなので詳しくは語れませんが、薬師堂の周辺でお釈迦様の誕生日にちなみ「やしょうま」や「甘茶」を振る舞ったりするそうです。

薬師堂にあやかり健康を祈願するのも良いかもしれませんね。

 

 

一度も参加したことないし、ちょっとのぞいてみようかなぁ。

 

 

 

呟いてます。良ければどうぞ。

marukochikiokoshi.hatenablog.com

twitter.com